sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

NPO山麓委員会定期総会の報告

NPO山麓委員会は、5月27日に、みのお市民活動センターで、第11回「定期総会」を開きました。

2011年度については、山林所有者にかわって山の手入れを行う「山林整備サポート」(計22件2件増)や、山林所有者による自然緑地の同意面積の拡大(面積比47.4%、1.6%増)の他、公益信託「みのお山麓保全ファンド」募金については、新しく始めた「箕面の森の守りびと」(山麓ファンドサポート会員)による募金により、約109万円(4月~3月)に伸長したとの報告がありました。また「明治の森箕面自然休養林」における「箕面の森の案内板」設置など、対話と協働のネットワーク構築による活動推進などの報告がありました。

また、「みのお森の学校」「山麓学習(箕面の自然学習)」「箕面の森のセラピー」などの人材&活動組織の育成の他、行政との情報の共有化と協働の取り組みによる「ナラ枯れ」被害防止の活動などの報告がありました。

2012年度については、更に活動を活発に推進していくために、下記の主な方針が提案され承認されました。

収支予算書においては、ファンド資金の減少に対応して、「山麓ファンド」からの受託費を約7%(40万円)減額して運営するなどとした予算案が承認されました。

1.情報の共有化とPR・広報の強化
・・・ホームページ「山なみネット」の再構築など

2.情報の共有化と意見交換による活動の場づくり
・・・明治の森箕面自然休養林管理運営協議会の活動など

3.山林所有者との関わり強化
・・・自然緑地同意率50%目標と山林整備ボランティアの積極的な派遣など

4.資金の循環の仕組みづくり
・・・「箕面の森の守りびと」(山麓ファンドサポート会員)、目標200人、山麓保全ファンドの募金額100万円以上など

5.人材育成と活動組織の育成
・・・「みのお森の学校」、「山麓学習(学校での自然体験型学習)」「箕面の森のセラピー」などの人材育成講座の開催など

6.企画及び調査・研究事業
・・・生物多様性の保全、「ナラ枯れ」被害防止、市民緑地「新稲の森」の活用法の検討など

7.箕面ビジターセンターの自然解説事業
・・・9月末までの継続と10月以降の前向きな検討

8.「山麓ファンド」助成事務サポート事業

また、2012年度の事業計画の発表にあたり、事務局から過去の箕面市における箕面山の自然を守るための主な取り組みについて、時系列での報告がありました。

その中で、来年度にNPO法人設立、及び「山麓ファンド」設立10年となるが、「山麓ファンド」(一般ファンド)の残高が2011年3月末に約6,300万円となり、毎年約1700万円(*)を取り崩しているために、2014年度末には資金が枯渇するとの報告がありました。

*山林所有者への助成:約730万円、市民団体への助成:約220万円、NPO山麓委員会の事務費:約600万円、その他公益信託費用など

箕面市の「みどり支援基金」からの追加出損が望まれますが確定しておらず、2004年に始まった「山麓ファンド」の資金活用と中間支援組織としてのNPO山麓委員会の活動などの仕組みによる「山麓保全活動」が存続の危機にあるという認識についての報告がされました。

会場からの質問としては、「ナラ枯れ」被害に対する対策の実施内容、及び「山麓ファンド」の資金状況などが多くあった他、箕面ビジターセンターや人材育成の関する費用の内訳、市民緑地「新稲の森」への取り組み、山林所有者の山の手入れの活動に対する確認などの質問があった他、箕面市民以外の箕面山への来訪者へのPRや啓蒙、ホームページの刷新などの要望がなされるなど、活発に意見交換がされました。

また、定期総会終了後、NPO山麓委員会の中で活発に活動を行っている2つの部会(「ナラ枯れ」被害防止対策PT、及び「森のセラピー」研究会)から活動の報告があり、活発に意見交換がされました。

定期総会で下記の役員が選任されたのを受けて、総会終了後の理事会で代表、副代表が互選されました。

代表理事・・・越田恒人(再任) 副代表理事・・・鹿島幸子、角山年昭、高島文明(以上、再任)

理事・・・中瀬重幸、橋本恭佑、本多孝、竹田光廣、藤原博文、米田和男、池田文三(以上、再任)、藤井卓雄(新任)

監事:山内一浩、顧問:稲井信也(以上、再任) 事務局長:高島文明(再任)

下の写真は、公益信託「みのお山麓保全ファンド」サポート会員証です。
毎年、1,000円以上、寄付をしていただける「箕面の森の守りびと」(サポート会員)を募集しています。
「箕面の森の守りびと」になっていただくと、下記のシールをお送りする他、年4回、「みのお山なみ通信」をお送りします。
*詳しくは、チラシをご覧ください。
たきのみちゆずるは「森の守りびとでござる」

カテゴリ:事務局だより

タグ:

投稿者:iinkai

投稿日:2012年06月05日 11時間37分35秒