sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

公益信託 みのお山麓保全ファンド 特別助成 平成22年度(2010年)2月助成事業一覧

箕面の山麓(里山)を活かした“まちづくり”や“地域コミュニティ形成”のための個性と創造性に満ちたハード事業(施設整備型事業)に関する「特別助成」の2010年前期の申請を募集した結果、2件の応募がありました。

3月16日に運営委員会を開催し、申請書類に加え申請者によるプレゼンテーション(説明)を受け、慎重に審査した結果、次の2件が募集の条件を満たすとともに、内容が優れているものとして、今回の助成対象に選ばれました。

箕面の森の交流人口増加のための音楽設備の整備事業
申請者:箕面わいわい株式会社

【事業概要】

多くの市民が「リラクゼーション」や「癒し」を求めて、箕面の森に来訪されており、森林の持つセラピー効果が期待されていますが、この事業は、誰もが親しみやすい「音楽」を通じて地域の交流人口を増やし、森を歩き自然に親しみ心身ともに健康な生活をめざすという切り口で、箕面の森の魅力向上につなげる事業です。この事業の設備整備の内容は、箕面公園瀧安寺前広場などにおける「仮設ステージ」設備、及び瀧道など小スペースでも音楽演奏を可能にするための持ち運び可能な音響設備や関連設備です。
代表者 :日永田 実
事業規模:1,454,890円
助成額 :1,454,890円

【講 評】

自然環境との調和を前提とした観光振興が求められており、「音楽」という文化を地域に浸透させ、森と街をつなぐ活動であり、箕面わいわい(株)が管理する音楽設備を活用して、箕面公園や瀧道のみならず、広く箕面の森全体での「音楽」文化活動に寄与する事が期待されています。

森づくり活動を行うための山道(階段)の新設および補修事業
申請者:箕面だんだんクラブ

【事業概要】

本事業の計画地は箕面市東部の環境クリーンセンター奥に位置する「体験学習の森」であり、間伐、除伐した跡地に植樹を続けている活動を行っていく中で、より多くの市民に安心して利用していただくために自然に優しく無害の防腐剤を加圧含浸した丸太階段材を新たに使用して、長年の利用に耐えうる階段(500段)を、約2年間の期間に行う事業です。
代表者 :福井 良介
事業規模:985,960円
助成額 :985,960円

【講 評】

里山の保全、整備の活動を行いながら、歩きやすい山道などの整備を行うとともに、広く市民に告知して、「体験学習の森」としての幅広い活動が期待されています。