sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

アサンプション国際小学校2年生の校外学習のお手伝いをさせていただきました。カマキリのお腹からハリガネムシが・・・

山麓にあるアサンプション国際小学校(聖母被昇天学院)2年生の校外学習のお手伝いをさせていただきました。春に続いて、10月5日には「秋を見つけてみよう」というテーマで、瀧道を歩きました。

子どもたちはどんぐりを見つけたり、木の実を見つけたり、少し色づいた葉っぱを見つけた他、サワガニも見つけてくれました。

瀧道を歩いた後、瀧安寺前広場のまわりで、みんなでカマキリを探しました。

早朝はあまりいなかったのですが、気温が高くなるにつれて、広場に飛んできます。森の中にいるとカムフラージュの名人のカマキリですが、人工物の上にいると丸見えですね。

みんなで見つけたカマキリは、ハラビロカマキリ6匹、ヒメカマキリ6匹でした。

見つけたカマキリをミソカップに入れて、少し、水を入れて少し待ちます。

すると2匹のハラビロカマキリのお腹から、ハリガネムシがニョロニョロと出て来て、みんなビックリしていました。

この時期、カマキリはなぜか川の水の近くに飛んできます。

カマキリのお腹から出てきたハリガネムシ(成虫)は、川の中に入り、卵を産んで、幼生となり、その幼生をカゲロウなどの水生昆虫が食べます。その水生昆虫が羽化して成虫になり、その成虫をカマキリが食べます。

カマキリのお腹の中で、ハリガネムシが大きくなり、また、この時期になると、なぜかカマキリは川の水の近くに行き、お腹からハリガネムシが出てきます。

去年も、みんなといっしょにカマキリを捕まえましたが、同じようにハリガネムシが出てきました。自然界では、このような生き物の営みが繰り返されています。

最後に、生き物の食う・食われる関係や生き物のつながりについて、フリップを使って説明しました。難しかったかもしれませんが、小学校では食育の話もされているそうなので、理解していただいたようです。

カテゴリ:イベント情報,自然学習・山麓学習

タグ:

投稿者:yamanami

投稿日:2017年10月21日 16時間43分59秒