sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

箕面森町で、今年も箕面の山で自生するヤマザクラの植樹祭が行われました。

3月5日(日)午前10時から12家族45人が集まって、箕面森町自治会(自治会長岡崎統さん)主催の植樹祭が、森町自治会館の北にある里山で行われました。

この日は快晴で、植樹作業で少し汗ばむくらいの陽気な気温でした。午前10時に集合し挨拶の後、植樹方法などの説明があり作業を始めました。

植樹は参加者自らが穴を掘り、肥料まきや支柱の固定などを行いました。

お母さんとお子様で参加されたご家族は、少し力仕事が大変だったようですが,周りの方に手伝ってもらいながら、無事に植樹をすることができました。

参加された方からは、植樹したサクラが早く大きくなり、綺麗な花が咲くのが楽しみだとの声が聞こえました。

ご家族、親子で力を合わせての植樹は、きっとよい思い出になったと思います。子供たちが大きくなり、いつか自分たちが植えたサクラ咲けば、きっと感慨深いものになると思います。

植樹したヤマザクラ12本は、箕面で自生するヤマザクラの種から育てたものです。林野庁/箕面森林ふれあい推進センターで育てていただいた苗を、NPO山麓委員会が仲介して、箕面森町自治会に提供させていただきました。シカによる食害を防ぐために、まわりに防鹿ネットを張った場所で植樹をしています。

カテゴリ:イベント情報,明治の森箕面自然休養林管理協議会

タグ:

投稿者:sanroku

投稿日:2017年03月21日 18時間56分22秒