sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

6月3日(日)【みのお森のセラピーin勝尾寺園地】 林野庁の森林ふれあい推進事業として共催での特別企画「みのお森のセラピー」が開催されました。

6月3日(日)林野庁の森林ふれあい推進事業として共催での特別企画「みのお森のセラピー」が開催されました。快晴の中、大阪の管理局で7名のお客様をのせたバスは箕面駅で8名のお客様をのせ、定員15名のセラピーとなりました。
バスの車窓からの景色は、白や茶色のビルを後ろにどんどん緑に変わり、視界は空の青と緑でいっぱいになり、いつも見える滝すらも緑で隠れてしまうほどでした。勝尾寺園地に到着すると、アシスターが出迎えてくれ、そのバックにはさらに綺麗な緑が広がり、”緑っていくつあるのだろう”と思うほどでした。
そして、ストレスチェック、血圧測定を行い、3グループに分かれ森に入っていきます。

まずはストレッチで体をほぐし、生まれたての酸素を沢山いただくために腹式呼吸の練習をして、森を感じるための準備万端!その後、ブラインドウオークで視覚以外の感覚を呼び起こしたり、瞑想を行ったのちクスノキ、クロモジ、杉、ヒノキなどの香り楽しんでもらうと、思わずフィトッチッドがはっきりとみえて、何とも不思議な感覚になりました。

川のところでは水に足をつけると、予想外の冷たさにびっくり、雪解けの水はこの季節でも残ってるんだと改めて自然を実感しました。
最後はハンモックに揺られたり、シートに寝転ぶと、目の上に何重にもなっているモミジやケヤキの葉っぱに見とれているうちに、心地よく眠りにはいっていきます。

心身ともに癒された体と素敵な笑顔を乗せたバスは大阪へと帰っていきました。
箕面の森はいつでも皆様を迎えてくれるので、また来て下さいね。
私達も、皆さまと森で一緒に過ごせる事を楽しみにしております。
参加者の方からは「心身ともに体の奥から疲れが取れてすっきりしました」「木と話が出来たように思えた」「とても解放されて良かった」などと、とても嬉しい感想をいただきました。


(by Nagahama)

 

カテゴリ:みのお森のセラピー

タグ:

投稿者:shitanishi

投稿日:2018年06月07日 12時間04分50秒