sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

4月22日(土)春のうららかな日差しにつつまれながら、「阪急阪神ホールディングええまちつくり隊 みのお森のセラピー体験」が実施されました。

ツアー参加者の皆様は箕面駅前に集合され、バスに乗車→1勝尾寺前バス亭に到着されました。アシスターがバス停までお迎えに上がり、勝尾寺園地まで約5分、徒歩でのご案内です。
今回の参加者は、30名様。なんと300名ものご応募があり、抽選で選ばれた強運の皆様です。

各班10名、3班(緑、黄色、ピンク)に別れて、さあいよいよ森のセラピー体験です。

予定どおり10:30頃にみどりチームは、川コースへ出発、黄色チームとピンクチームはどちらも山コースのため、黄色チームが先発しました。
新芽パワーであふれるメタセコアイの木々の中で「森林安息(シートをひいて寝ころぶ)」からスタート。寝ころぶと、春の陽射しにキラキラ輝く新緑が目に飛び込んできます。まったりと安息を楽しんだ後は、森の深呼吸をして、ゆっくり起きあがります。
皆様、やわらかな笑顔で『初めての経験です。気持ちいい~』とのこと。そのまま木々のオーラに包まれながら、ストレッチ、メタセコイアの新芽をさわり、やわらかさにびっくり!もみじとメタセコイアの木肌の感触の違いにおどろき、山コースへ出発です。

コース内では、様々な樹木や葉っぱの香り、感触を楽しんだり、樹林呼吸をしたり、鳥の声を数えてみたり、目一杯森を楽しみ、徐々に五感が開いていきます。森の白い妖精『ぎんりょうそう』にも出会えました♪
無事に山を下り、森のセラピー体験の終了です。いつもの約半分(75分)の時間ではありましたが、皆様、笑顔で『満足です。また森に来たい♪』とおっしゃって下さいました。
各自ご持参のお弁当でお昼ご飯、昼食後はしばし森の広場でまったり。
午後からは、「無垢の木のコースター作り」⇔「お茶タイム」⇔「森の中でハンモック」各体験時間は約20分。各班順繰りで実施しました。
コースター作りでは、あらかじめ丸太にカットされた無垢の木の中から、香りや木肌などから好みの木を選んで、のこぎりでカットします。初めての方も森の巧み達「木こりチーム」のインストラクターが丁寧に教えてくれます。カットが出来たら、紙やすりで木肌を綺麗に整え、完成です。あたり一面無垢の木の心地良い香りで満たされています。「無垢の木に触れるだけでリラックス効果がある。」というのは有名な話ですが、皆様にこにこすごく幸せそうです。
お茶タイムでは、予めこの森で積んだお茶の葉をアシスターが夜なべして(笑)煎った番茶と、摘みたてのクロモジのお茶、2種類を味わっていただきました。番茶の香ばしい香り、クロモジのフローラルな香りと味を存分に楽しみました。


ハンモック体験では、針葉樹の木立の間に吊り下げられたハンモックに寝ころびます。優しくゆらゆらと揺られながら、目を開けると青い空、キラキラな光、1/fにゆらぐ葉っぱや樹木、鳥の歌、お寺の鐘、風の音、春の陽射しに包まれて、心地よい時間が流れていきます。
全プログラムが無事に終了し、アンケートにもご記入いただき、バスにご乗車される参加者の皆様をお見送りしました。

 

最後は『ありがとう』と笑顔で言ってくださる参加者の皆様に、全スタッフが心から癒されました。
ご参加くださった皆様、企画・募集してくださった皆様、関わった全てのスタッフに感謝いたします。ステキな一日をありがとうございました。

カテゴリ:みのお森のセラピー

タグ:

投稿者:shitanishi

投稿日:2018年05月11日 17時間01分39秒