sidebar_logo_yamafesta

sidebar_logo_yamafesta

sidebar_minohdvd_logo_02

sidebar_minohdvd_logo_02

blog-bannar

blog-bannar

event_calendar-bannar

event_calendar-bannar

fund-bannar

fund-bannar

yamanaminewsletter_logo

山なみ通信

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

オンライン寄付サイトGiveOne

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_hotaru_logo_02

sidebar_visitor_03

sidebar_visitor_03

9/24(日)大阪府 温暖化「適応」推進事業 【温暖化の影響について学び 森のセラピーを体験するセミナー】 という催しが、勝尾寺園地で行われました。

大阪府 温暖化「適応」推進事業
【温暖化の影響について学び 森のセラピーを体験するセミナー】
という催しが、9/24(日)勝尾寺園地で行われました。
 前半はウイングハウスにて、地球温暖化による自然生態系への影響や、適応策としての森林保全についてのお話、そして後半はフィールドにて森のセラピー体験という盛り沢山なプログラムになっています。
 
お天気はこの週一番の快晴!
森のセラピースタッフは今回のテーマを「秋探し」に定めていたのですが、勝尾寺園地の森は、まるで演出者がいるかのように秋で満ち溢れていました。
えんじ色の穂が輝くススキの群れ、一斉に垂らし始めたメタセコイヤの雄花、真っ赤な実をたわわにつけたサンゴジュ、ヒマラヤスギからはシダーローズ(断面が薔薇の形)と呼ばれる実がニョキニョキと。
そして何といっても主役は秋の虫のオーケストラ。
そんな中、前半のセミナーでは、あらゆる視点からの環境学についてのお話が各分野からされ、受講者の皆さまはメモをとりながら、大変熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
 
少し頭を使った後は、いよいよ森へと歩みを進め、五感を使った森のセラピー体験です。
一歩踏み出すごとに草むらからは様々な昆虫が飛び出してきて、おじ様たちはガキ大将時代へタイムスリップ。
虫の音を聴きながらのハンモック上はもう至福の時で、降りる際にはとても名残惜しそうに「気持ち良かった~」を連発されていました。
この日は日曜日ともあり、園地ではミニコンサートが行われていたり、虫取りに精を出す子供たちや、犬を連れたご家族など、それぞれ秋の自然を満喫しています。みんな笑顔! 人と森との繋がりを感じる一日でした
爽やかな秋の森は、訪れる者すべてを優しく癒し、そして送り出す。
寛大で偉大な森に大感謝です(^^)/
今回は簡単なセラピー体験でしたが、「みのお森のセラピー」では唾液によるストレスチェックなどもしていて、自分の心と体の状態を知ることもできます。 箕面の森でまた皆さまをお待ちしております。。(文責miyuki)
OL_2017_therapy_秋

カテゴリ:みのお森のセラピー

タグ:

投稿者:shitanishi

投稿日:2017年09月28日 17時間36分28秒